1. >
  2. >
  3. >

Amnesty (I):新しいクリスタル・キャッスルズを聴く


さて、クリスタル・キャッスルズはカナダのインディーズ・エクスペリメンタル・エレクトロニックデュオです。2014年にボーカルのアリス・グラスが脱退し、変わってエディス・フランシスがイーサン・キャスとデュオを組んでいます。

2016年8月にアメリカのカサブランカ・レコードとイギリスのフィクション・レコードからAmnesty (I)というアルバムをリリースしています。新しいクリスタルキャッスルズをまだ聴いてなかったので、今回聴いてみることにしました。

ここには特にAmnesty (I)の感想を書くわけでもなく、ただただ自分の好きな曲を古いアルバム順に並べて思い出に耽りたいと思います。

2008年のファーストアルバム「Crystal Castles(I)」

Crystal Castlesは10代の頃かなり聴いて元気をもらっていました。

自分の精神のカオスさをカオスさで支え返していただいているような感覚になり、自分の未熟なエモさがプラマイゼロになって安定するような気さえしました。もちろんテンションも上がりました。

シューゲイズ、エクスペリメンタルテクノ、デジタルハードコア、チップチューンなど様々な要素を持ったこのアルバム「Crystal Castles(I)」。よく聴いた順に並べていきます。

Crystal Castles – Crimewave

Crystal Castles – Vanished

これらの曲のおかげでアメリカで大切な友達ができました。行きつけのラウンジで流れると友達がいつもはしゃいでいたのを思い出します。夜中のドライブでよく聴いてたのでなんとなく夜車に乗ると聴きたくなります。

Crystal Castles – Air War

この曲は散歩するときにいつも聴いていました。元気が出過ぎない程度に元気が出る。

crystal castles – through the hosiery

あー元気がでます。

(番外編)Crystal Castles – Cry Babies

2010年の「Crystal Castles(II)」

ちょっとしたドラッグ感、シューゲイズ感や、よりリバーブを感じるCrystal Castles(II)。

Empathy- Crystal Castles

エンパシーかっこいい!

同アルバムのYear Of Silenceではシガーロスも参加していましたね。

Crystal Castles ‘BAPTISM’

この曲と共に叫んでいると元気になってきます。アリス・グラスのエネルギーと強制的宗教観への憤りなどが感じられました。歌詞が好きです。

Crystal Castles – Celesticaもよく聴きましたが、「チッチッ」というグリッチーな音が気になってそこばかりに意識が行ってしまってました。

2012年の「Crystal Castles(III)」

このアルバムは正直全くアテンションを向けていませんでした。エネルギー感やパンク感が好みだったので、(I)と(II)がよかったなあと感じます。

Crystal Castles “VIOLENT YOUTH”

Crystal Castles “CHILD I WILL HURT YOU”

このアルバムの中では上の2曲が印象的、、だったかもしれない。しかし、このアルバムにはどうしても興味が持てませんでした。

2016年の「Amnesty (I)」

(I)と(II)が好きな人は好きかもしれないなと感じました。トラックもかっこいいですが、(I)や(II)のリハッシュ感をどう受け止めるかで好みが変わってくるのかもしれません。

Crystal Castles – Concrete

90sのテクノレイヴっぽくて良いですね!!!

Crystal Castles – Char

勝手に振り返ってみて

結構期待していたのですが(III)とアムネスティー(I)は、これは!!と言う感じであまり何度も聴かなかった気がします。Crystal Castles (I)と(II)が個人的にすごい好きです。

解散、再結成しても、カッコいいビートはずっと健在だと思います。

 

追記:アリスグラス復活!!!

アリスグラスがソロで復活しましたね!!!ゴスエンジェル降臨か!?とか思いました。最高です。

みなさんのお気に入りの曲はどれでしょう?

では、また次回のブログポストにて。

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (96)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)