1. >
  2. >

最近の出会い【セクシュアリティーとか障がいとかポリアモラスな考え】


今週偶然豊田出身の人に会っています。豊田率が高い1週間です。

 

 

自分の周りには、似た性質の人が集まったりします。

 

流動的でフレキシブルな考えを持った人たち。私はそんな周りの人たちを愛してやみません。昔欲しがっていた理想の居場所、できるかもしれない!やっぱり自分の理想の居場所は自分でつくる。

 

 

ちょっと話変わりますが、日本では「障害(障がいではなく)」や「病気」という言葉が好んで使われたり、「正常なもの」と「そうでないもの」が極端に仕分けされたりする傾向にあると感じることが多々あります。

もっと「グラデーションと幅をもったスペクトラム」的考えが広まればいいなと思います。ちなみにリンクをつけた記事はLGBTとポリアモリー/モノガミーについてのものです。

私的に超分かりやすいと思ったし、誰かにポリアモリーやLGBTのグラデーションについて話す時、自分でめちゃくちゃな日本語を駆使するよりこの記事を見せたいなと思いました。頭の弱い私でも首が折れそうなくらい頷きました。

 

 

かといって自分は言葉使いとかだけで議論や喧嘩とかあまりしたくありません。もっと本質的なことを気にしていたいです。

そういえば私と同い年のラッパー/レーベル設立者のタイラー・ザ・クリエイターはある番組で「we get offended by the thing we decided to be offended(人間はキレると決めたことにキレる)」的なことを言っていました。

私的に、「まじでそうだ〜〜〜〜」って思ったりしました。無駄なことにキレてたら超時間ないし、消耗するし、最悪かも。

多分トロールとかいじわるなこと言って来る人って、自分の発言が意地悪なことってわかってないし、「they have no idea」なのだと。

消耗するけど、自分の中で許し、消化して、そういう人たちの認識を少しでも変えるような行動に集中したい。

自分ももちろんやばい発言が多いのは当たり前で、コンピューターじゃないしヒューマンエラーとかありすぎます。どんなに気をつけても、知らないことは知らないので対策できなかったりする。もう少しイージーに、チルに、もうちょっと違うことに集中してたいです。

 

タイラーの新しいアルバム超いい。いつもメディアが必要以上に踏み込んでつきまとっていますが、どうか元気にタイラーらしく振舞っていて欲しいとわたしは思います。

 

個人的に障がいはそんなに毛嫌いするような害のあるものだと思いませんし、お互いがお互いの「性質」や「特徴」を理解し合って生きていけば、超余裕で、問題なしで生きていけると思います。

最近は、そんな実例を聞いたりして、目から鱗だったりします。「特徴」として理解しているからコミュニケーション法や対策法がわかるし、お互い助け合っていける。それが自然にできるってめっちゃいいなあって思いました。

 

最近は時間がたっぷりできたので拒食症や摂食障がいをテーマにした映画や自閉症スペクトラム障がいをテーマにしたドキュメンタリー、また、実際にその性質を持ったYotuberたちの動画を見たりしています。

全然、自分と全く関係ない話に思えないので、本当に興味深く聞いています。中には遺伝的なものもあると思いますが、いつ自分がどうなるか、どんな人と接しながら生きていくかはわからないし、知らないことを知ることにとても興味があるので、ちょくちょく見ています。

 

 

先日、名城大学のセクマイサークルに参加させていただきました。自分のセクシュアリティーはまだストレートの女です。でも、もちろん暖かく迎え入れてくれました。

「自分のセクシュアリティーがいつどう変化するかなんて逆にどうやったら分かるのか分からない」という意見も、しっかり受け入れてくれる。とっても安全な場所だと思います。

作った子も勇気があると思うし、集まった子もいろんな状況とか葛藤とかを切り抜けて参加してたと思う。

アウティングっていう言葉について、いい資料を見つけたので紹介させてください。


同じ性質を持った人たちが集まれる場所ってほんとにいくつあっても素晴らしいなと思いました。少しでも孤独とか心配事が消えますように。絶対に分かり合える。

 

 

 

ちょっと書きすぎました。肩の力をぬいて、生きます。

 

 

それではまた次回のブログポストで。

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (113)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)