1. >
  2. >

雑記:どんな音楽を好きになってもどんな聴き方をしてもいいと私は思います【DEFEND YOUR SHIT】


みなさんどんな感じに音楽を聴いていますか?好きな音楽のジャンルや自分の心地よいと感じるヴァイブスは人それぞれだと思います。

特に私は90年代に生まれて、ファンクやヒップホップやハウスもすでにあった時期なので、そういう踊れるノリみたいなのをとても心地よく感じたりもしています。

かといって音だけで音楽を聴いている訳ではなく、美しいスケールや美しいコードとかもそれはそれで心地いいですが、美術などの他のアートフォームと同じく美しいだけが全てではないと思います。

経緯、背景、その人の人生観、その人の生き様、その人の意見とかももちろん大事な部分でこちらから出来るだけ汲み取って感じていきたいと思っています。

なぜなら伝えたいことがあっても表現が得意でない人も当然いるし、プレゼンが上手い人だけが評価されてしまうことになってしまったら、それはとても嫌だなあと思うからです。

ただ人間が何かつくろうと思って作り出したその行為自体がとても素敵だなあと思うレベルで聴いています。思いがあってそれを形にするときにはエネルギーが必要で、そのエネルギーを感じられることがとても心と体に美味しい音楽だなあと思ったりします。

なのでオーソリティーの評価や評論家の意見も参考程度に聴いたりもしますが、自分自身から吐き出す感想はなんだっていいはずだし何でも感じたことをシェアできるのは素晴らしいことだと思います。

意見の鵜呑みは何にせよファラシーに繋がるし、基準があるからこそ謎の喧嘩をする人もいるし、そして話をしてもつまらなくなってしまうと思います。more rules, more rule breakersってかんじで。

レビューを見るとレビューに自分の意見がある程度引っ張られてしまうことがあるかもしれません、レビューで取り入れた知識を生かすか生かさないないかは本人次第かと思います。

私が例えば今私がラップを聞くときに参考にしているサイトや鑑賞方法をシェアしてみたいと思います。

01_まずは、ただ聴く

まずは頭がまっさらな状態で聴きます。ここで感じたことが一番プレシャスかと思います。

02_一応チェックするPitchfork(ピッチフォーク)

ピッチフォークは私の中で音楽レビューのオーソリティだと思います。多くの人がここのレビューを見て、聴くアルバムを決めたり、レビューを気にしていると思います。

だけど私はそんな点数なんかはどうでもいいぜという感じです。なぜならピッチフォークで高く評価されたものが素晴らしいという価値観が出てしまうからです。

ただレビューの内容やその評価に至った判断基準に関してはちらっと、しっかり見ます。たまにDazed & Confused Magazineの記事もチェックします。

03_アントニー/アンソニー・ファンタノのレビュー

YoutuberのAnthony Fantano(アントニー/アンソニー・ファンタノ)のレビューも観ます。彼は政治コンシャスなものや音楽業界に精通したバックグラウンドからの判断、アート的観念からの考察が優れているなあと思います。

なので、安心して見れます。でもどんなレビューを見ていてもレビュー自体がワークであって、どうしても自分の好みでないものもレビューしないといけなくなると思います。

だから、いつも自分の耳に心地よい意見ばかり彼の口から出てくるとは限りませんが、一意見として是非一度聞いておきたいなあと思う人物の一人です。

04_ジーニアスラップ(Genius)の解説

一般のコントリビューターが歌詞を考察して解説をつけてくれる歌詞のウェブサイトですが、ここで知ることはたくさんあります。どんどん需要が増え勢いが増してきたことから独自のアーティストインタビューもあり、よりそのまんまの意見が聞けたりします。

歌詞に関しては一番情報量が多いなと感じています。

05_全然違う人に聴かせて意見を求める

バーでよく会う人に聴いてもらったり、よくお店で勝手に音楽を流させてもらったりします。そのときに知らない人がなんて言うのか聞いたりします。

06_本人のインタビューを見る

何と言っても本人が何で、一体どんな思いでこれを作るに至ったのかはやはりチェックしておきたいところです。動画インタビューだと人柄も伝わってきて、一気に親近感が湧いたりします。

07_再度何回か聴く

なんかこんなことやってると1枚のアルバム聴くだけですごい疲弊したりするので毎回はしません。しかし、気になるものは気になります。

美術館に行っても同じように相当なことを感じさせられて、考えさせられて頭の糖分を使い切ってしまったります。作るのにもエネルギーがいりますが、観賞するのにもエネルギーが必要だなと思いました。

08_次回からDead End Hip Hop

Joey Bada$$ のアルバム All-Amerikkkan Bada$$ のレビュー

複数人でリラックスしながら感想を言ってる感じがいいなあと思います。よりダイヴァースな。そういえば韓国のLPバーで出会ったヒップホップ大好きなイギリス人もこれをオススメしてたような気がします。

まとめ

近年はだいたいこんな感じのやつをぐるぐるしています。元ネタやニュースや時事やプロデュース時のあれこれはまた個別に掘ったりしますが、本当は近くに同じような音楽を聴く人がいたら、一緒に聴いて、くっちゃべって、それで完結が理想です。

究極、作者と直接話せたら一番早いなと思います。そこらへんにいたらいいなあと思います。

 

視点が違うのであれば評価や感想が変わってくるはずで、そもそも点数をつけるなんてとても難しいことではないでしょうか。私はただいろんな人のいろんな意見が聞けたらいいなと思います。

 

それではまた次回のブログポストで。

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (96)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)