1. >
  2. >
  3. >

忘れられない目覚まし音とRollerskatersとメトロノミー


学生時代(短大に通っていました)、丁度二十歳ぐらいの時でしょうか。

短大から家に帰るのがめんどくさすぎたため、よく友人の家で寝泊まりしていました。朝にその子のケータイから流れる目覚ましの音楽が印象的で、今もはっきりと覚えています。

あの曲聞いてから嫌々授業に通っていたよなあ、、しかしあれって誰の曲だったんだろ、、と急に思い出し、5年経った今その曲が一体なんだったのか聞いてみました。

曲の名前が思い出せなかったり、あの曲ってなんだっけ、、となると居ても立っても居られません。何時間も探してみて、見つからないと発狂したくなります。

今回は説明には時間がかかったものの、友人に聞いたらすんなり分かったのでよかったです。

Star Slinger×Rollerskatersだった

Rollerskaters – Sleep Tight (Star Slinger Remix)
0:51から1:30が目覚ましで流れていました。ああ懐かしい。目覚ましって鬱陶しいけど、それでも好き。

原曲はこれですね。どっちも好き。見つけられてよかった(笑)

メランコリーな日本での学生時代、なんだか気分を楽にしてくれるMetronomy

メトロノミー。イギリスのエレクトロ・ロックバンドで、2004年にファーストアルバムが出ています。本当に好き!

学生時代、憂鬱な気分の時によく聞いていました。

私は入学してすぐにアメリカへ行き、その後すぐにまたオーストラリアへ行ったため、2年制の短大を卒業するまでに同い年の子と過ごした時間は合計半年のみでした。なので、帰国後の短大生活では逆カルチャーショックもあり、複雑な思いをした時間がたくさんありました。

しかし、半年という短い期間でしたが数人だけ心の許せる素敵な子に出会いました。その中の一人の子とメトロのミーの曲を口ずさみながら過ごした休憩時間のことを思い出します。

プレシャス!良く日が当たる絨毯の部屋や芝生で寝そべって過ごすのが好きでしたね。思い出すだけで暖かい気持ちになります。

そんなこんなで、学校でメランコリーな気分になったときはよくメトロノミーを聴いて乗り越えていました。

2006年のPip Paine (Pay the £5000 You Owe) も遊び心が感じられて好きでしたが、2008年のアルバムNights Out はついつい歌いたくなるような曲が盛りだくさん。ミュージックビデオもおもしろい。

Metronomy – Heartbreaker

失恋してしまった友人をなぐさめている。友情を感じます。

Metronomy – A Thing For Me

ビデオおもしろい。カラオケっぽくなってるけどたまにジョークで違う単語にすり替わってるのもユーモアがあっていいですね。

Metronomy – Radio Ladio

メトロノミーを聴いたことない人にオススメは?と聞かれたらまず最初にこの曲を挙げるしれません。なんとなく、これがメトロノミー!!っていう感じがします。

Metronomy – Holiday

なんて声で歌ってくるんだ(笑)ってかんじです。脱力感がいい。この曲を聞くと肩の力が抜けます。こういうビデオも大好き。

この歌詞が、「もう一度現実逃避のために海外へ行きたいけどお金がないからもう行けない」という自分と重なりすぎてよく聴いてました。

昔は海外に行くことに執着していたこともありましたが、今は不思議と日本に一番興味があります。人って変わりますね。

 

以上4曲はsing alongしまくりでした。楽しい。

このアルバム以降の曲だと、
「Love Letters」とか「The bay」がすきです。

2016年の「Old Skool」はとってもdancyですね。

 

いろんなことを思い出して複雑ですが暖かい気持ちにもなりました。

目覚ましの曲に関しては久々に友人と話すきっかけにもなってよかったです。

 

それではまた次回のブログポストで。

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (113)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)