1. >
  2. >

感覚の麻痺に関する独り言とMoodymannのサンプリング


どうでもいい話から始めます。

最近、同ジャンルを大量にコンシュームする=実は真剣に向き合っていない場合があるという気づきがありました。何というパラドックスでしょう……

 

私は音楽がめちゃくちゃ好きなのですが、一時期、何もかも聴きすぎて感動を得られない時期がありました。

訳のわからないダリウスミヨーとか現代音楽を聴いてやっと何かを感じることができるような、本当に濃い味ゴリゴリ漬けの毎日を過ごしていた時、大好きな音楽が楽しめなくなってしまって本当に不幸せだと思いました。

食事もそうですが、毎日味の濃いものや高級料理を連続で食べていると訳が訳がわからなくなってくると思います。音楽でも、訳がわからなくなりました。

自分の場合に限った原因でいうと、「しっかりと味わうことを忘れた」からだと思います。前ジャンク漬けだった頃に聴いた音楽を今になってゆっくり聴いたらかなり感動しました。

 

今当時の音楽を聴いて感動していて、めちゃくちゃ当時損してたなと思いました。

本当だったら、大好きなものだったらすべてのものからイイね!!っていうポイントを見つけ出し、感動を味わうことができるはずなのに、、しっかりと向き合うことをやめてしまった時期だったのかもしれません。

 

 

で、多分、それは「もっと知識つけなきゃ」「もっと聴かなきゃ」「知らないことが多すぎるのでもっと知らないもの知らなきゃ」という焦りから来ていたと思います。

そんな風に焦って、もし本当に向き合えていないんだったらすごく勿体無いことだと思いました。

当然世の中知らないことがほとんどで、自分が把握していることは0.0000000何パーセントなんでしょうかまじで。

 

 

今月、まさにそんな感じで焦っている状態です。で、この焦りを対象物に真剣に向き合わない方向に絶対持って行ってはいけません。

そう思ったので、来月は全然関係ないこともやって、しっかり楽しむと心に誓いました。関係ないことをちゃんとやって、頭を常に柔軟に、フレッシュに、保たないといけない。

心の底から探究心が湧き上がる状態にありながら、心の底から感動しながら行動していきたい。つねに多角的にモノを見れるように努力したい。

そして、他人にとってはどうでも良い記事を、これからもコンスタントに書いていきたい。最近感動したサンプリングのこととか、その他音楽のこととか、映画とか、ドキュメンタリーとか、本とか、美術について、、書きたい。

 

 

 

最近は、ちょっともうかなり遅いですがドレイクを聴いてみて、passionfruitという曲に、Moodymanの声がサンプリングされていてまじでびっくりしました。で、デトロイト!?というような。

ダークでディープな大人トロピカルハウス攻めがすごい。どれどれ、と軽い気持ちで聴いてみると私は中毒になってしまいました。完全にリピートしています。ネオンが似合うね。

2010年のパーティーでのライブ音源で、Moodymannがhold on hold on fuck that shit…音が飛んじゃってこんなん全然ダメやって言って、なんかいいレコード持ってないんか?って客からリクエスト受けるみたいな。印象的なシーン。まさかこんな形で耳にするとは思っていなかった方も多いのでは。

 

youtubeで全然見つからないですが、、

 

Youtubeにはドレイクはいつもカバーしかないですし、サンプリングは当然入っていませんが、これで雰囲気が分かればなと思います。

 

 

それではまた次回のブログポストで。

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (113)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)