1. >
  2. >
  3. >

ミッキー・ブランコ演じる「I WANT A DYKE FOR PRESIDENT」ゲームチェンジャーのラップ聴こう


ラッパーのミッキー・ブランコがゾーイ・レオナルドの詩、「I want a dyke for a president(レズビアンに大統領になってほしい)」を演じている動画を観ました。25年前に発表された詩ですが、観て震えました。

25年経った今、この詩が響きまくる。それだけ何も状況が変わっていないという現実が浮き彫りになっています。

これは翻訳しないと、と思いました。勝手な意訳の部分もありますし、間違ってたらごめんなさい。なんとなく伝わりますように。

by Dazed

「2人の悪の中でマシなほうの候補者とかじゃなくて〜」の部分、今年の大統領選に当てはまりまくりますね。なんでバーニー・サンダースみたいな人が大統領になれないんだ???

とりあえずGOD DAMN FRESHなミッキー・ブランコ

クィアネスを次のレベルに引き上げるラッパーMikki Blanco。

何をするにしてもゲイだということは関係ない。ラップのスキルがあるし、ゲイバッシュしてそうな男子が好むようなクラブ音楽をレペゼンするレベルにいる。ヒップホップコミュニティーは彼の存在を恐れている、、!?

インタビュー動画のなんとなくの内容(勝手に意訳してごめんなさい)

ミッキー・ブランコの好きな曲リスト

Mykki Blanco – “Haze.Boogie.Life”

とりあえず一緒に歌うやつ。ラップもゆっくりなのですぐに覚えられます。

 

Mykki Blanco – Wavvy

とりあえずイカすやつ。

Mykki Blanco – Kingpinning

とりあえずMikki Blancoの存在がプレシャス。

新しい曲もどんどん出ていますし、全部好きです。

挑戦を続けるジェンダークィアのラッパーたち

Azealia Banks、Le1f、Zebra Katzを始めジェンダークィアのラッパーは世界中にたくさんいますし、かっこいいです。ゲイだからじゃない。ラッパーとしてかっこいいからまじで応援しています。

私は今のところヘテロですが、共感することなんて糞ほどあるし、彼らの意見や話を聞くととても心を揺さぶられます。いろんなこと言われたりしていますが、音楽と創造物に直接的に関係ないことは、音楽を聴く上では気にしません。Azealia Banksは同い年なのでいつだって気になる存在です。

AZEALIA BANKS – Desperado

Azealia Banks – Yung Rapunxel

この2曲がお気に入りです。DesperadoはUKガラージの中でもとびきり好きかもしれない。Yung Rapunxelは挑戦的、爆発的エネルギーがかっこいいなって思います。

もっといろんなものがビジブルになりますように。ううう、、今日も音楽から生きる力をいただきました。

それではまた次回のブログポストで。

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (96)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)