1. >
  2. >

日常の没落:名古屋街の辞典/アンカル(ホドロフスキー/メビウス)


今日も書こうかなともいます。

ブルーベリーと干し芋とバナナを食べながらお送りします。寝る直前までいつも食べ続けています。おやつ食べないと寝れません。

ところで私はブルーベリーがめちゃくちゃ好きなのですが、名古屋のスーパーで私ほどブルーベリーを買う人はいないんではないでしょうか。一人で一週間に2箱は食べています。ブルーベリーが売り切れているとイチゴを何パックも買ってカバーします。

私はフルーツが大好きなので、ブログタイトルもFRU × US(フルーツと私たち)にしました。少し前までハードコアベジタリアン/ていうかほぼヴィーガンだったのでそういうサイトを作りたかったのですよね。未だに名残で自宅で一人で食事するときは滅多に動物性食品を摂取しません。特に日本では自分のライフスタイルは理解されにくいのでまた別の記事でまとめてみたいと思います。

それは置いておいて、家の近くにあるバーで本を読んで何かを思ったので書きたいと思います。

名古屋 街の辞典:(c)OUR CITY 1992

あー。ネットで探したのですが古本も見つからないですね。あったら買おうと思ったのにな。

とりあえずこの本では名古屋全体の街の地図と共にバー/喫茶/クラブ/ショップ/ギャラリーなどが紹介されていました。発行されたのは1992年と書いてありましたが、地図自体は1991に調査されたもののようです。

なんでこの本がそんなに気になったかというと1991年は私の生まれた年だからです。私が生まれたとき名古屋の街やカルチャーや雰囲気がどんなものだったのかかなり気になりました。

オーセンティックなバーや喫茶店が多い印象を受けました。レコードショップや服屋もなんだかおもしろそうなお店がたくさんありました。その本に載っているお店で現在も存在するものは少ないです。私はジャズ喫茶が好きなのですが、現在名古屋にジャズ喫茶と謳っているお店は数店舗を除きほとんどありません。

写真とか見ているとうわああああってなりました。チェーン店や名古屋飯の紹介なんて一切されていないです。アートやカルチャーが生き生きしている様子が伺えました。

状況や条件の違いはあれど今もカルチャーが生きている場所は生きていますが、特に私の住んでいる地域では特に元気なお年寄りや元気なおじさん/おばさんが多いです。そして、とても居心地が良さそうにしています。彼らには日常がそこにあるのでしょう。

若者のプラスチックではない日常がどこにあるのか私はまだよく知りません。非日常しか知りません。私が知らないだけで絶対にあるはずです。

街のいろんな人の話を聞いていると彼らに居場所があるのは彼らが居場所を作ってきたからというのは一理あります。居場所というのは作って行かなければ、獲得して行かなければならないのかもしれません。

私はこの地域周辺から出て探しに行くか、自分の居場所を自分の手で作らなければならないということは最近よく感じます。

L’INCAL(アンカル) – アレハンドロ・ホドロフスキー/メビウス

アンカルはアレハンドロ・ホドロフスキー原作、フランスのメビウスによる漫画です。フランス・ベルギーらへんの漫画をバンド・デシネ/バンデシネと呼ぶんですね。

私ホドロフスキー大好きだしみんなもホドロフスキー大好きだから長く書くのやめます。全部カラーで分厚く読み応えのある豪華な漫画でした。デザインや配色めちゃ勉強になります。とにかくかっこよかったです。アキラとか好きでこれ読んでない人はおすすめかもしれません。

私の言う日常と非日常って何だろうか。

漫画のことよりも今日書きたいのはこっちのほうだ。とにもかくにも、私には日常が没落しています。家で一人で過ごすのも日常ですし、仕事も日常かもしれません。

例えば友人が多い方や極めて健康的なソーシャルライフを送っている方は日常があることが当たり前かもしれませんが、私はそういった人間ではありません。

私の日常のデフィニションは多分自然に自分の安心できる人たち(複数人)と集まれる場所で、そして自然に何かが創作物が生まれて行くような場所です。

リラックスできて創造意欲が自然に湧く。自分の部屋で一人でいるときその状態になるのは簡単かもしれません。しかし、複数人でそれができたらもっと面白いのかもしれないと思うのです。

私は人間は①創造的で②表現が好きで③コミュニケーションを好む生き物だと思っているので、この3点が揃った人間として自然体でいられる居場所を日常としたいと願っているのだと思います。

好きなものに触れていたり好きなことをしている時間は自分に生きる力を与えてくれます。それを複数の人間でできるようになればより人間を全うできるような気がしています。

健全な方からするとレベルの低い悩みかもしれませんが、私が生きて行く上で絶対に改善して行かなければならない点です。なんとかします。

 

それではまた次回のブログポストで。

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (96)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)