1. >
  2. >

夜の街に飲まれる【名古屋の音楽の街】


毎日寝る時間がもったいなくて仕方がない最近です。毎日ふらふらしていると本当にいろんな人とお話をします。

私は何年も前から夜に一人で出歩いていた訳ではないですし、行くとしても同じ店ばかりでした。

今住んでいる場所は名古屋の中でも特殊で、おもしろい場所が本当にたくさんあります。私の最近よく行くバーではマスターが本当にプロで紳士だなと思います。

まずお店に入ると私が興味を持ちそうな人をすぐに私の近くの席に呼んでくれたり、私をその人の近くの席に呼んでくれたりします。もちろん私はちょっと苦手な人が多いのですが、それも見透かされているようで会話をするのが難しそうな人が来るとうまいことやってくれるんです。

ガーディアンかと思いました。

最近そんな感じの人に守られ、導かれまくっています。上の世代でとても仲がいい方がいるのですが、その人もそんな存在です。ありがたいことですね。

この街には音楽や芸術や文学に造詣の深い方が集まる場所が多いです。勉強になることや刺激になることが本当に多いです。もちろん人間と会話する訳ですからBullshitやナンセンスもたくさんあります。

前までは自分というものがいろんな原因で少し没落していて、その隙間に他人から出る小さなネガティヴィティーすらすぐに入り込んできてしまい、共鳴してしまっていました。ひどい時はパニックになったり、嘔吐したり。

でも今はそんなネガティヴィティーもつるりと弾くことができるくらい自己が満たされています。とても幸せな気分です。

 

先日も、お願いしてもないのに私にとって超ナンセンスな会話を振りかけてくる大人に遭遇しました。超どうでもいい。Shut up.って感じです。でも、その中でも興味深い言葉というか単語だけ脳みそに刻みこみながら黙っていました。

もちろんこれはその人の口から聞かなくてもよかった。だけどそれを後に自分で深めて、好きな人とその深めたものを交換し合いたいと思いました。

そう考えていると鼻歌を歌って帰路につけるくらい気が楽でした。

 

ストレスを与える一番の原因が人間関係だという研究結果が出ています。しかし、ストレスを一番に解消するものも人間関係なのだそうです。

やっぱり正しい人に会えば人は私を幸せに、積極的にさせてくれる。人間とうまく付き合って行くことの大切さを噛み締めています。前より少しだけ自分の心が健全に近づいた気がします。

 

やっぱりナンセンスな会話は自分にとってノイズでしかありません。しかしこうやって偶然ナンセンスに遭遇することにより、本当にそんなものと付き合っている時間が全くないと感じることができます。

やはり出歩くといろんなことがありますが、それも夜だけの魔法みたいで、朝になると本当に夢だったんじゃないかとか思ったりもします。

 

朝の時間は全然違いますね。

今日は早起きして年季の入った喫茶店に来ました。いつも夕方には閉まってしまうので、なかなか営業中の姿を見ることはありませんでした。とってもいい雰囲気です。やっぱり純喫茶やジャズ喫茶は落ち着きます。

また早起きして朝の街も散歩してみようと思います。

 

 

それではまた次回のブログポストで。

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (96)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)