1. >
  2. >
  3. >

サンダーキャットとブルースと囲碁とフライング・ロータスの映画。


今日はまた一人で安心して行けそうなお店を発見しました。

地下にあるジャズ系のお店です。とりあえずカウンターに腰掛けましたが、お店の人と初めて会った感じが全くしませんでした。もちろん今まで一度も会ったことがないのですが、とても自然に会話が始まり、気づくと色んな話をしていました。

ほろ酔いで囲碁

しばらくするとカウンターに一人お客さんが。その人は囲碁がとてもお好きなようで、その人と囲碁をすることになりました。

小学校の頃実家に何故か「ヒカルの碁」というゲームがあり、それで囲碁をゲーム上で打ったことがありました。昔は漫画やアニメに疎かったので物語自体は知らないしあまり記憶がないのですが、囲碁のルールだけはなんとなく覚えていたためとりあえず楽しくできました。ゲームってすごいな。

ハンデをいただいて1勝2敗。むずかしいけど楽しい!将棋も麻雀もできるようになりたいな〜。

お酒を2杯ほど奢ってくださいました。気前が良い。粋だ。

シャッフルビートとThundercatとヒップホップ

可愛いブルースのドラマー店員がいたし、お店にドラムが置いてあったので叩き方を教えてもらうことに!

初ドラム。ずっと叩いてみたかったんです。

まずはブルースドラムのシャッフルを練習しました。基本はこんな感じです。

アレンジするともっともっと楽しくなります。こちらの動画はとっても分かりやすくていいですね!

曲に合わせるとこんな感じに。

Blues Aint Nothing but a Woman – Helen Humes

Lonnie Johnson – Another Night To Cry

60年代ごろのブルース演奏の映像、大好きです。めちゃめちゃかっこいい。レコードだけでは伝わらない表情とか場の雰囲気や様子も映し出されているので、すごく貴重だと思います。

シャッフル、色んなパターンの8ビート、16ビートを練習し、なんとなく叩けるようになって来たところでスピーカーから流す曲に合わせてドラムを叩いて遊びました。

Thundercatの曲の中で私が一番好きかもしれないこの曲に合わせてドラマーさんに叩いてもらいました。

Thundercat – ‘Them Changes’
お店のマスターも音響整えてくれたりと、結構本格的な感じに。

この曲が大音量で聞けただけでテンションが上がるのに、プラス生即興ドラムで鼻血が出そうでした。サンダーキャットのベースがセクシーすぎるし、ドラムもセクシーすぎて辛かったです。

後はオールドスクールのヒップホップに合わせて叩いて遊びました。バスドラムを自然に力を入れずに叩くのがとっても難しかったですが、色んなパターンが練習できて本当に楽しかったです。

今日は全身で音楽を楽しみました。

ああ、生きる悦び!(笑)音楽のセラピー効果は半端ないと思います。

フライング・ロータスの初監督映画「Kuso」が公開だと!?

Thundercatの所属するレーベル、ブレインフィーダー繋がりですが、フライング・ロータスの初監督映画「kuso」が1月21日にプレミア上映されたんですね。

Captain Murphy(Flying Lotus)をはじめKamasi Washington、Aphex Twin、Thundercat、山岡晃らのオリジナルトラックがフィーチャーされると。。

しかもジョージ・クリントンも出演って、、とりあえず観なきゃ。

予告編はこちら

謎のクリーチャーがいっぱいいますね。カオスです。

 

今日はいいことがたくさんありました。危うく週末ずっと引きこもりをする可能性があったのですが、外に出て正解でした。人混みやコミュニケーションが苦手な私でも安心して自然体に楽しめる場所が見つかってよかったです。

自分が自分らしくあれる場所や心から会話を楽しめる人々を自分から率先して見つけていかないと、いつまでたっても居心地悪いままの人生になってしまうんだなと思いました。

自分自信のためにも、エモになっている場合ではないんですね。今年は自分の殻を破って挑戦する1年にします。

 

それではまた次回のブログポストで。

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (96)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)