1. >
  2. >
  3. >

【奈良美智】写真展と画廊と豊田市美術館と台湾からのお友達


三連休、いろんなことがありました。

 

まずは毎回行ってる写真展、行って来ました。

東京でフォトグラファーのTroyにレクチャーしてもらったおかげで、今回さらに楽しめました。嬉しい。

 

一部、本当に感動しちゃった。感動っていうか、見て頭で理解する前に体がもう何か感じ取ってしまっている感じ。

だから、感動なのかわからないけど、「なんだこれは!!!」という感覚!

 

後から考えてみると、そこはヤング部門の写真が並んでいて、現代アートぽい感じでした。

写真という概念からぎゅいんと外れた感じがとっても見てて嬉しくなったのだと思います。何にも縛られてない、元気な感じで、年も多分近い。思わず笑ってしまう感じ。でもそれにうるっともしてしまいました。忙しい(笑)

もちろんどの作品も素敵でした。よかった〜。

 

 

夕方から、台湾から現代美術が大好きな、素敵なデザイナーが遊びに来てくれました。超仲良しじゃんってかんじ!!!!

 

一緒に画廊と、豊田市美術館へ奈良美智さんの「for better or worse」、行って来ました!

 

画廊は、作家さんと、いろんな顔見知りの人と話しました。オープニングだったので、美味しい手作り料理がずらり。ベジタリアンオプションの料理も。おいしい…!

 

なんでベジタリアニズムとかに興味を持ったのかとか、そういう話にもなりました。

私は十代(当然今よりも無知)の頃に海外でベジタリアンの人に会って、何をどう話したらいいのか分からなくて、それからいろいろ調べ始めたのが始まりでした。

LGBT界隈の人たちにも、海外へ行って初めて会いました。

初めて行ったのがアメリカで、本当に多種多様な人たちがいました。初めて出会うような人たちや、いろんなことに初めて触れて、それらを無難に乗り越えて、家に帰ってからいろいろ調べるという感じでした。

見当違いな発言や失礼なことを言わないか不安で何とも話題に触れられなかった気がします。無知な発言をするとすぐに「レイシスト」狩りにあってしまうことに怯えていたのを思い出します。

 

でも、いろいろ調べたところで完全には役に立たないかもしれません。言葉でカテゴライズできたとしても、当てはまるとは限りません。完全に当てはまらない場合がほとんどかもしれません。

何を怯えていたのだろうとも思います。分からなかったら正直に聞けばよかったなあって。

個人で人それぞれなので、一人一人から唯一無二のエクスペリエンスを聞いて、一人一人としっかりコミュニケーションをすれば良かったんだって、後から思いました。

 

憶測をやめる。それだけで超平和になると思う…!

みんなが、目の前の人を気にかけたり、大切にするだけ!

私もできる限りやってみよう〜〜

 

今でも分からないことだらけです。誰しもが最初から辞典のように何もかも知っているわけがないですから、とにかくいろんな人といろんな話をして、交換し合って、学び合っていけばいいと私は思っています。

 

 

(ここからはまた、私の勝手な主観がふんだんに詰まった、糞な感想文となります。よろしくお願いします。)

翌朝、豊田市美術館へ。

奈良美智さんの作品は数点どこかで目にしたことがありますが、こんなにがっつり一連の流れで見たことはありませんでした。

勝手な主観ですが、今は年齢的にもチルかもしれないですが、当時はとってもcool dudeだったのかなと思いました。

最初にレコードコレクションや私物っぽいものが置いてあって、とっても素敵な音楽をたくさん聴いてたみたいです。世代は私よりもだいぶ上だと思いますが、有名なものがたくさんあったので、ジャケットで把握できるものも多かったです。

 

途中、若い頃の作品か分からないですが、トゲがあって、ぐっときました。

ぐぅってなりました。

私が昔の自分を勝手に投影してしまっているだけかもしれませんが、絶望しながらバキバキ血をのぼらせてた頃の自分を思い浮かべながらちょっと泣きそうになりました。

特に手作りっぽい部屋!手書きの字とかが壁に書かれていた感じの部屋です。

 

最後のほうはやんわりな印象のものを多く見た気がします。気のせいかもしれない。でもたまにパンク/溢れる感情な感じ…?

でもだいたい、ほんわか線がすごいなあとか、もんわりした色がすごいなあとか、目がすごいなあとか見てました。

 

サムネイルにもしましたが、MIAという絵がありました。私は歌手のMIAしか思い浮かびません。気になりすぎて、絶対違うと思うけど親近感が湧いてMIAの絵のポストカードを買いました。

人生いろいろだなあ〜となりながら歩き回りました。人の私物を見たり、人の生活感を感じるのはとっても不思議だけど私には必要な体験だと思いました。見ると、共感したり、みんなそうか〜悩んでいるのは一人じゃないね〜とか思ったりします。

 

豊田市美術館はとっても気分がリフレッシュするような場所でした。マインドスケープしました。

FRUXUSさん(@fruxus)がシェアした投稿

屋外にリチャードセラさんの、ダブルコーンズという作品がありますが、私はその分厚い傾いた2枚の鉄の間にいるのが好きでした。あんなにすごい鉄の間に挟まるのはちょっと怖いけど、完全に異空間でした。音が、全部自分に跳ね返ってきます。

芝生の間に急にある鉄のかたまり!なにこれ!ってなりました。

 

あと外にヴィーガンおやつ売ってた…!原料が!素晴らしい。

有機小麦、無調整豆乳、なたね油、甘夏シロップ、甘夏ピール、米粉だけ!!!!

超ミニマルで、ふわふわだった。。すごい。。おいしかった。べんきょうになりました。

 

 

またいろんな作家さんについて、いつかいろいろと調べてみたいと思います。

 

 

 

それではまた次回のブログポストで

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (96)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)