1. >
  2. >

【徹底解説】Vegan(ヴィーガン)とは?危険なの?日本でも広まりつつある注目のライフスタイル


「ヴィーガン」とは一体何か?

朝のエネルギーチャージはシリアルボウル/スムージーボウルで。

ヴィーガン」と呼ばれる人が増えています。

健康志向が高まっている昨今の日本でも少しずつ聞くようになりました。

「ヴィーガン」とは何か、これを語る人々は食事法、信条、ライフスタイル、様々な言い方で表現します。

一般的には「動物性の食品を一切摂取しなかったり、その他の動物性製品(レザーバッグやファーコート、その他動物実験が行われた化粧品など)を使用・消費しない人たちのこと」を言います。

ヴィーガンになる理由は大きく分けて3つ

彼らがヴィーガンになる理由は様々ですが、主に大きく3つあり、「健康になりたいという個人的な欲求」、「地球環境保護への社会的な責任意識」、「動物愛護という倫理観」などの理由が挙げられます。

3つの要素については以下の記事にて解説しています。

Vegan(ヴィーガン)のメリット:健康編

Vegan(ヴィーガン)のメリット:環境保護編

Vegan(ヴィーガン)のメリット:倫理編

 

ヴィーガンとベジタリアンの違いは?

定番のヴィーガンパスタ、ペスト

上記のような価値観(以下まとめて、「ヴィーガニズム」と言う)を持つ人々の事を、「ヴィーガン」という言葉では聞いた事がなくても、「ベジタリアン」という言葉でなら聞いた事がある人は多いです。

「ベジタリアン」はより広義の意味で菜食主義の人々を表し、当然その中に「ヴィーガン」を含みます。

「ヴィーガン」を端的に表現するとすれば、「ベジタリアン(菜食主義者)」のグループの中で、特に菜食主義を厳しく実行をしている人々の事だと言えるでしょう。

また、食事の面では「ヴィーガン」のスタイルであっても、その他の面(洋服等の製品の使用・消費)にこだわりがない人々は「ダイエタリー・ヴィーガン」と呼ばれています。

補足となりますが、原料の確保のために動物を殺したり、安全性の検証の為に動物実験を行わない製品を「クルエルティフリーな商品」と呼ぶことができます。

関連記事

クルエルティーフリーとは?美しさに動物の犠牲は必要か

はちみつはヴィーガンなの?

シルクはヴィーガンなの?

 

菜食にも多様なスタイルが。オボ・ベジタリアン、ラクト・ベジタリアン、セミ・ベジタリアンの存在

冷凍バナナと豆乳少々とメープルシロップをミキサーにかけるだけ。ヴィーガンアイスは簡単に作れる。

「ベジタリアン」に関して、「野菜だけを食べる人」と考えている人もいますが、実はその信条や目的の違いから、そのスタイルは非常に多様で、「野菜だけを食べる」という考えは誤解です

「ヴィーガン」が、「一切の動物性食品を摂取しない」、つまり牛・豚・鶏・魚などの肉、それらの卵、乳やそれらを使用した加工食品(原材料だけでなく、添加物も)や乳製品などを一切摂取しないというように非常に厳格であるといえます。

それに対して卵は食べる「オボ・ベジタリアン」、乳製品は食べる「ラクト・ベジタリアン」、時々菜食になる「セミ・ベジタリアン」など、食べる食品の範囲や頻度は多岐に渡ります。

詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

多様なベジタリアンのスタイルとその背景

また、菜食を取り入れる際に気をつけるべき点や不安な点の解説は以下をご覧ください。

Vegan(ヴィーガン)の食生活で気をつけるべきことは?栄養面は大丈夫?

肉を食べずにタンパク質は十分摂取できるのか?ヴィーガン・ベジタリアン(菜食)に関するよくある質問

 

海外では市民権を得つつあるヴィーガン・ベジタリアンのライフスタイル。日本は?

外食で手軽にヴィーガン料理を食べたいなら、マリナーラを注文してみよう!

「ベジタリアン」や「ヴィーガン」である事が個人の選択として市民権を得ている社会や国は多く存在しており、インドでは40%以上、欧米では10%以上の人が広義に菜食主義だと言われています。

これらの社会ではレストランではベジタリアン・メニューが多く存在し、パーティーなどにゲストを招待するときも相手の宗教や食事のスタイルを確認します。

一方、現状として日本の社会では、自らが「ベジタリアン」というライフスタイルと実践しているを明かすと周囲には珍しがられ、驚かれることがあります。

しかし、国際化も活発となり、少しずつではありますが日本でも着実に「ヴィーガン」や「ベジタリアン」という表現を耳にする機会は増えています。

SNSで近年ヴィーガニズムが開花している

ヴィーガンジャンクメニューで定番、野菜のからあげ

SNSやYoutubeなどには大きなコミュニティーもあり、存在感を示すようになってきました。レシピやライフハックなど、斬新なアイデアから無理なく毎日実践できるヴィーガンレシピまで、ヴィーガンライフスタイルに関する情報はどんどん増えています。

また、数年前から着実にスーパーに並ぶヴィーガン商品も増えてきています。

イギリスやアメリカでは特に顕著であり、ヴィーガンヨーグルト、ヴィーガンバター、ヴィーガンチーズ、ヴィーガンアイスクリーム等、乳製品の代用品はより味も改良され、ヘルシーな上美味しいオプションが選択できるようになってきています。

ヴィーガンチーズの味やテクスチャの改善により、ピザやバーガーなども、大変美味しくいただけるようにもなってきました。

 

アレルギーや環境にも優しいヴィーガンライフスタイルを是非日々の選択肢に取り入れてみませんか?

VEGAN101というカテゴリーには、ヴィーガンレシピやコンビニやスーパーなど身近な場所で手に入るヴィーガン商品について紹介する記事をポストしています。是非ご覧ください。

RECCOMENDED POSTS

CATEGORY

  • BLOGS (96)
  • VEGAN COLLECTIVE (1)
  • VEGAN101 (15)